So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ふげん、放射性物質樹脂漏れて作業員にかかる(産経新聞)

 日本原子力研究開発機構は5日、廃炉作業中の新型転換炉「ふげん」(福井県敦賀市)で、放射性物質を含む樹脂が漏れ、作業員2人にかかる事故が3日にあったと発表した。作業員に被曝(ひばく)は認められず、外部への漏れはなかった。環境に影響はないという。

 原子力機構によると、3日午前11時ごろ、原子炉建屋地下2階で、重水循環ポンプ用熱交換器内側の付着物を溶かし取る除染液から放射性物質を吸着させている樹脂約8・2リットルが樹脂塔から噴き出した。樹脂交換用の管のキャップが外れたという。

 この事故で作業中の作業員2人の顔に樹脂がかかったが、内部被曝はなかったとしている。

 放射能量は国へ報告する基準の約50倍だったが、拡大防止のため設けている囲いの内側にとどまったという。

【関連記事】
焼け焦げた分電盤公開 川内原発の死傷事故
福島第2原発 転落事故で作業員2人けが
中国で原発建設ラッシュ 安全性を心配する声も
放射線区域なのに… 柏崎原発で「吸い殻」発見 
もんじゅを高く評価−IAEA事務局次長が視察 福井・敦賀

【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(上)不起訴で「盛大な前夜祭」(産経新聞)
都教委が協調選考 教員確保へ秋田・高知・大分と(産経新聞)
不審死の大出さん、現場到着時は昏睡状態?(読売新聞)
悪質訪問販売で業務停止の業者 小沢氏側に献金448万円(産経新聞)
石川知裕被告を保釈 保釈金1200万円(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。