So-net無料ブログ作成

<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)

 日本原子力発電は10日、運転中の敦賀原発1号機(福井県敦賀市、沸騰水型、35.7万キロワット)の原子炉を11日未明に手動停止すると発表した。タービン建屋1階(管理区域)で、微量の放射能を含む冷却水約1リットルが漏れていたため。漏れた量は法令報告基準の約1000分の1で、環境への影響はない。

 原電によると、10日午後3時5分ごろ、原子炉から出た高温蒸気(12気圧、約190度)を分離した水分をためるタンク(高さ約2メートル、外径70センチ)の床に漏れているのを巡回中の運転員が見つけた。タンク横のマンホール(直径45センチ)との継ぎ目から漏れたという。タンクは99〜01年の定期検査で点検していた。

 1号機は今年3月に国内の原発で初めて運転開始から40年を超えた。その後の運転停止は初めて。【酒造唯】

【関連ニュース】
憂楽帳:80年の夢
原発ニュース:敦賀2号機で監視装置の電源入れ忘れ、原因と対策まとまる /福井
敦賀原発:2号機、定検作業を公開 /福井
支局長からの手紙:80年の夢 /福井
原発ミニニュース:敦賀2号の水漏れは作業連絡ミス /福井

<共産党>参院選比例代表の追加公認を発表(毎日新聞)
17歳少女とみだらな行為 警視庁警部補を逮捕(産経新聞)
秘書官、厚労省からも起用=6人体制に増強―菅首相(時事通信)
<火災>君津の住宅全焼 遺体は10代姉妹(毎日新聞)
<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)

<宇宙種>再打ち上げ…JAXA、9月に同じ種類(毎日新聞)

 米スペースシャトルに搭載した植物の種が、地球帰還後に所在不明になっている問題で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、同じ種類の種を再び宇宙へ送る方針を決めた。種はダイズやトマト、ホップ、ウコンなど9種類、計120グラム。科学教育ベンチャー「リバネス」(東京都新宿区)が協賛企業を募って集め、JAXAに有料で依頼した。09年8月に打ち上げ、今年4月、山崎直子宇宙飛行士(39)とともに「ディスカバリー」で帰還の予定だったが、届いた荷物の中にはなかった。

 米航空宇宙局(NASA)は7月1日まで捜索を継続するが、仮に見つかっても、保管状況などから生育が困難な可能性もあるとして再打ち上げを決めた。計画では、今年9月打ち上げ予定の「ディスカバリー」に乗せる。【山田大輔】

【関連ニュース】
スペースシャトル:行方不明の植物の種子 依然発見できず
宇宙の種:地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼
スペースシャトル:「アトランティス」帰還
スペースシャトル:アトランティス打ち上げ成功 最終飛行
山崎宇宙飛行士:無事帰還「重力の強さ感じる」

JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
<普天間移設>日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で(毎日新聞)
リンクシェア・ジャパン、シックス・アパートのウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」に対応した、『LinkShare Affiliate Tools』を提供開始
<静岡県浜松労政会館>規定より早めに閉館…委託先が勝手に(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 参院選争点は安保(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。