So-net無料ブログ作成

調布市議が救命術を学ぶ(産経新聞)

 調布消防署は10日、調布市議18人を対象に、心肺蘇生(そせい)など救命術の講習会を市文化会館たづくりで開いた。突然心停止した人に電気ショックを与えるAED(自動体外式除細動器)の使い方、窒息の手当て、止血の方法などを4時間にわたって伝授した。

 大須賀浩裕市議会議長は「阪神大震災のボランティアを経験し、被災者への応急措置の重要性は私も認識している。災害や事故に備えて議員も地域の一員として技術を身につけることが大切だ」と話した。

国庫負担肩代わりに反対運動展開へ−健保連(医療介護CBニュース)
介護福祉士に医療の専門知識を―日慢協が新規講座(医療介護CBニュース)
認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官(医療介護CBニュース)
番号制度、来年にも法案提出=検討会初会合で菅副総理(時事通信)
<交通事故>テレビ朝日の富川アナ、バイクに追突(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。