So-net無料ブログ作成
検索選択

座り込みや集会主導 都職員10人懲戒処分(産経新聞)

 東京都は平成21年2月〜今年1月までの間、ボーナスや給与の減額などに反対する目的で、勤務時間中の庁内での座り込みや集会を主導したとして、45〜59歳の水道局職員6人と、48〜60歳の下水道局職員4人の計10人を停職2〜7日の懲戒処分にした。

 都によると、10人はいずれも都職員の労働組合「全水道東京水道労働組合」の幹部という。都は「この時期の労組関係者の一斉処分は毎年恒例だが、今年は去年より処分者数が減った」としている。

【関連記事】
水道窃盗の男を逮捕 「トイレが流せないと困る」
なぜ?川崎市水道局困惑 水道メーター54個盗まれる 
横浜市、水道維持へ“技術”販売 節水浸透で収入源模索
売るには少量、悪戯には手間…水道蛇口など37個盗難 大阪の公園
水道料金93万円を私的に流用 女性属託職員を免職 佐賀・唐津

千葉のショッピングセンター駐車場で車ごと強盗(産経新聞)
昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ(医療介護CBニュース)
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加(医療介護CBニュース)
未納給食費の天引き、22年度導入は断念(産経新聞)
「恵方ロール」いかが=横浜のホテル(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。