So-net無料ブログ作成
検索選択

50歳泥酔保護男が警察署内で放火(スポーツ報知)

 よりによって警察署内で放火事件が起きた。23日午前4時45分ごろ、大阪市中央区東心斎橋の大阪府警南署の2階保護室で、保護していた男が毛布ライターで火をつけた。発見した署員が消火器で消し止め、男を現住建造物等放火の疑いで現行犯逮捕。火は数分で消え、けが人はなかったが、保護室は床と壁の一部がこげた。

 南署によると、男は自称で同区の無職、平阪政春容疑者(50)。同日午前3時50分ごろ南署に乗り込んだ平阪容疑者は「110番しても警察は来んのか!」「家が火事や!」などと絶叫。自らの携帯電話で119番通報して救急車を呼び出した後、電話機を床に投げつけ壊すなど、意味不明の行動を繰り返した。

 救急車が到着する前にいったんタクシーで退散したが、午前4時半ごろに再び現れると、ガラス戸を蹴るなどした。酒のにおいがしたため署員が保護したが、約10分後に火災報知機が作動。その部屋には、平阪容疑者1人しかいなかった。

 平阪容疑者は「何をやったのか分からない」と供述。酒で前後不覚になったのかどうかは不明だが、容疑を否認している。保護する際は刃物やライターなど危険物を持っていないか調べる必要があったが、暴れたため確認できなかったという。



 【関連記事】
大阪府警 保護室 現住建造物等放火 を調べる

足利事件 許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め(毎日新聞)
大阪・堺で2人組タクシー強盗(産経新聞)
<横浜市>07〜08年度に不適正経理 別年度納入や預け(毎日新聞)
「事実包み隠さず話した」=改めて徹底抗戦の姿勢−小沢氏、聴取後急きょ記者会見(時事通信)
「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。