So-net無料ブログ作成
検索選択

寒立馬 地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)

 本州最北東端の青森県・下北半島尻屋崎で、寒立馬(かんだちめ)が吹きすさぶ風雪に耐え、雪に埋もれた牧草をはんでいる。胴長短足で元々は農耕馬。地元の小学校長が短歌に「寒立馬」と詠み、定着した。現在は観光用に30頭が放牧されている。

【写真特集】寒さのなか懸命に生きる北海道の動物たち 遠い春 厳冬の地から

 放牧地を管理する尻屋牧野組合によると、今年は例年以上に雪が多いという。氷点下10度の地吹雪の中、馬は雪を前足でかき分け、ひたすら草を探す。春には赤ちゃんが生まれ、雄のほとんどは食用に出荷される。【丸山博】

【関連ニュース
【写真特集】動物がいっぱい 毎日動物園
【写真特集】馬といえば ディープ、オグリ、ルドルフ・・・日本の名馬
上げ馬神事:馬虐待?三重県が適否調査へ
木曽馬:繁殖の危機…戦後、種馬たった1頭からスタート

「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)
バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)
外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」(時事通信)
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
原口総務相「取材源明かせとは考えず」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。